Home » 会長あいさつ

会長あいさつ

田中会長
2016年6月18日、中等部同窓会代議員総会にて、第9代同窓会長に選任いただきました26回生の田中正一でございます。 4年間同窓会長を務めさせていただきます。

中等部同窓会には、26回生の卒業25周年式典開催にあたり常任委員になり、主に総務会計関係のお手伝いに参加させていただきました。特に印象深いことは、慶應商工同窓会の運営に参加し、商工創立100周年式典開催のお手伝いに加わったことでした。商工卒業の大先輩方と接するにあた り、何歳になられても慶應義塾への思いは不変であることを実感いたしました。同窓会活動において、商工の大先輩から、中等部卒業したての方々まで、幅広い年代の方々と知り合うことができ、私にとって大きな財産となっております。

現在の同窓会は、常任委員長を中心に活発に活動しております。私の会長任期の4年間には、3名の常任委員長と一緒に仕事をすることになり、常任委員長の交代により、新しい息吹が同窓会に流れ、益々活性化した同窓会になることと思います。同窓会長の役割は、中等部同窓会を代表する立場として、中等部との繋がりをより深め、慶應義塾諸学校同窓会との連携をとっていくとともに、現在の活動また将来の新しい活動が、同窓会規約に記載されている、「同窓生の連絡をはかり、会員相互の親睦を厚くし、自由な中等部気風の伝承と高揚をはかる」という目的に適ったものであるかを精査することであると思っております。中等部同窓会員による中等部らしい同窓会を形成してまいります。

2022年には中等部が創立75周年を迎えます。75周年に向けて同窓会としてどのような協力ができるかを中等部と協議を行い、皆様へのご協力をお願いしていくことになると思います。私の任期は、東京でオリンピック・パラリンピックが開催される2020年までとなります。東京の街が大きく変わる4年間、歴代会長の意志と、変わらない中等部気風を引継ぎ、同窓会の発展に尽くしてまいります。どうぞよろしくお願い致します。

(26回生 田中 正一)