代議員と常任委員

各クラスより、1名の代議員を選出します。
担任の先生を中心に最もまとまりやすい、同窓会の基本の組織となります。
クラス代議員はクラスメートへの連絡の責任者です。

卒業後50年までの卒業時の各回生の代議員の中から、1名の常任委員を選出します。
常任委員は自分のクラスを含め6クラスへの連絡に責任を負います。特定の人や、特定のクラスに負担が集中しないように常任委員は任期を区切って、交代で勤めて頂くようにお願いしております。

同窓会代議員総会

同窓会の最高決議機関になります。
代議員総会は、常任委員・代議員で構成され、前年度の事業・予算・決算、当該年度の事業計画・会則の改定、会長の選任、その他必要な事項を決議あるいは承認します。

常任委員会

常任委員会は、年8回中等部にて開かれます。

常任委員会の下部実行機関として、実行委員会が設けられ、常任委員は実行委員会のいずれかに所属し、本会の運営にあたります。

常任委員の他に、会員の中から選任される実行委員も活動に参加しています。

実行委員会

常任委員会の下に、各種実行委員会があります。

​実行委員は会員の中より選出されます。

本年度の同窓会役員体制は、同窓会関連各種資料の同窓会常任委員会 組織図をご覧ください